黄色いナンバーの軽自動車と、白いナンバーの普通車。その2つにはどのような違いがあるのでしょうか?このページでは、「軽自動車」とダイハツがメインに扱う、普通車の中でも小さめの「コンパクトカー」と呼ばれるカテゴリーの違いをわかりやすく解説します。

1.サイズの違い

「軽自動車」特徴とメリット

軽自動車サイズ 

軽自動車のサイズは、長さが3,400mm未満、幅が1,480mm未満、高さが2,000mm未満となっています。小さいボディの軽自動車が持つ一番のメリットは、取り回しがしやすく狭い道もラクラク走れることで、燃費が比較的優れているのが特徴です。さらに隠れたメリットとして、駐車場で両隣の車と距離を取ることができるため、お子様の乗り降りや荷物の積み下ろしをよりスムーズに行うことができます。軽自動車はまさに暮らしに寄り添う車であると言えます。

「コンパクトカー」特徴とメリット

小型車サイズ 

コンパクトカーは法律上5人乗ることができるのがポイントで、4人しか乗れない軽自動車とは実用面で差があります。乗り心地の部分でもメリットは多く、タイヤ同士の距離が軽自動車より離れるので、段差を乗り越えた際のボディの揺れが小さくなります。エンジンと室内の距離も軽自動車より遠くなる為、室内騒音の部分でもメリットがあり、総合的に長距離を走っても疲れにくいのがコンパクトカーのメリットと言えます。

2.エンジンの違い

排気量

軽自動車用エンジンと、コンパクトカー用エンジンでは「排気量」が異なってきます。排気量はccで表されます。軽自動車エンジンの排気量は660cc以下と定められており、普通車は3000cc位までのエンジンが一般的です。コンパクトカーでは1000cc〜1500cc程度のエンジンを搭載する場合が多く、ダイハツでは、軽自動車用に660ccのエンジンが2種類、コンパクトカー用に1000ccのエンジンが2種類、合計4種類のエンジンが用意されています。

ターボ機構

ダイハツでは軽自動車用、コンパクトカー用それぞれ2種類のエンジンを用意していますが、その2種類の違いは「ターボ機構が有るか無いか」になります。ターボ機構とは、エンジンに圧縮した空気を送り込む事ができる扇風機のような機構のことで、ターボエンジンは沢山の空気と一緒に沢山のガソリンを燃やす事ができる為、同じ排気量の車に比べて、よりパワーを得る事が出来ます。ダイハツの660ccターボエンジンは1000ccエンジン並みのパワーを実現、1000ccターボエンジンは1500ccエンジン並みのパワーを実現しています。一方、沢山のガソリンを燃やす為、同じ排気量のターボなしエンジンより、やや燃費が悪くなるのが欠点です。街乗りメインならターボ無し、遠出や山道を走る機会があるならターボエンジンがおすすめです。またご購入の前にぜひ店舗でご試乗いただく事をオススメします。

3.維持費の比較

実際に2020年5月にお車を購入し、最初の車検を迎える直前までの維持費を計算したものが下記の表です。

実際の維持費

車種 タントX トールG SA3
車両本体価格 1,490,500円 1,743,500円
カテゴリー  軽自動車 小型乗用車
排気量 658cc 996cc
車両重量 900kg 1080kg
JC08モード燃費(km/L) 21.2km/L 18.4km/L
自動車税(購入時残月分) 20,800円
自動車税(2021年4月分) 10,800円 25,000円
自動車税(2022年4月分) 10,800円 25,000円
自動車税(2023年4月分) 10,800円 25,000円
環境性能割 0円 28,500円
自動車重量税 3,700円 36,900円
自賠責保険 27,330円 27,770円
税金関係の維持費 63,430円 188,970円
3万km走行時の維持費 247,392円 400,927円

※税金金額は2021年4月時点の金額です。1L130円にて計算しています。環境性能割及び、重量税の軽減期間は以下の通りです。【環境性能割】2021年5月1日~2021年12月31日【重量税】:2021年5月1日~2023年4月30日 改正などによって変更する場合がございます。

 

車種によって金額は大きく異なりますが、タントとトールの比較では3年間で約15万円の差となりました。月割で計算すると、月4千円程の節約でコンパクトカーが乗れる計算になります。コンパクトカーのゆとりの走りと乗り心地を体感してみるのもオススメです。また、ガソリン代が維持費に与える影響が大きいことも分かります。無駄な暖気や、急アクセルを減らすだけでも維持費を抑えることができます。

3.ダイハツのコンパクトカー

ダイハツは軽自動車を代表とするメーカーですが、ダイハツにも魅力的なコンパクトカーが沢山あります。ぜひお店でその魅力に触れてみてください。

ダイハツのコンパクトカー

(長さ3995mm、幅1695mm、高さ1620mm

ロッキー

今大流行中のSUVカテゴリーに登場した、コンパクトSUVがロッキーです。コンパクトなサイズながら、堂々としたスタイリングを実現。室内の広さ、荷室の広さもコンパクトカーとは思えない広さで、発売以降大人気の車です。

(長さ3650~3680mm、幅1665mm、高さ1525mm)

ブーン

世のコンパクトカーよりもさらに一回り小さめで、小回り性能や燃費性能に優れたモデルです。街乗りで、軽自動車プラスαのゆとりを感じることができるモデルです。また可愛らしい見た目で女性からも人気の高いモデルです。

(長さ3700~3705mm、幅1670mm、高さ1735mm)

トール

ブーンをベースに高さ方向に背を伸ばした車がトールです。1735mmも高さがあり、小さなお子様は室内で立てるほどです。スライドドアを装備しているので使い勝手も抜群です。箱型ボディは車両感覚を掴みやすいのも特徴です。