「駐車が苦手」「狭い道でのすれ違いが不安」 そんなあなたにおすすめなのが「パノラマモニター」です。このページではパノラマモニターの解説だけでなく、おすすめのパノラマモニター搭載車種もご紹介いたします。



1.パノラマモニターとは?



パノラマモニター

パノラマモニターとはダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」に含まれる機能の一つで、車を上から見下ろしたような映像をナビ画面に表示し、運転をアシストする機能です。駐車や幅寄せのアシストだけでなく、事故を未然に防ぐ安全装備としても機能します。



2.パノラマモニターの仕組み



前後左右につけられた超広角レンズで撮影した映像を変換しナビ画面上に表示することで、運転席からは見えない死角を確認することができるようになります。これによって、駐車や幅寄せの難易度が下がり、不慣れな方でも安心して運転操作に集中することができるようになります。



フロントカメラ



フロントカメラ

フロントカメラは、フロントバンパー内に取付けられます。車両の最前端にカメラを設置することで、ボディの映り込みなどを低減しています。



サイドカメラ



サイドカメラ

サイドカメラは、サイドミラーの下部に装着されています。大人の目線からでは通常時見えないような角度でついており、スタイルを損なわないように配慮されています。



リヤカメラ



リヤカメラ

リヤカメラはナンバープレート付近に装着されており、こちらもスタイルを損なわないように配慮がされています。※一部車種を除く。



3.パノラマモニターの機能

トップビュー



駐車の際にもっとも重宝するのが、この「トップビュー機能」です。車を真上から見たように表示をしてくれ、ハンドルを切るとガイドラインもその方向に曲がる為、直感的に操作をすることができるようになっています。バックギアに入れると「トップ&リアビュー」前進時に使う場合は「トップ&フロントビュー」となり、これから進む方向の安全確認が出来ます。



トップビュー

車を動かす前にこの機能を使えば、死角に入り込んだ物なども確認することができ、事故防止に繋がります。



フロントワイドビュー



狭い路地から出る際などに重宝するのが、フロントワイドビューです。左右から来る歩行者や車を映し出し、ヒヤッとする場面を防ぎます。



フロントワイドビュー
運転席からは全く認識できない様な状況でも
フロントワイドビュー
フロントワイドビューを使うことで、歩行者や車を確認することができます。



レフト&ライトサイドビュー



レフト&ライトサイドビュー

狭い道でのすれ違いで大きく役立つのが、「レフト&ライトサイドビュー」です。車両側方の映像が大きく表示されるので、車の左右の感覚が掴みやすくなります。





レフト&サイドビュー
運転席からは掴みにくい車両感覚も
レフト&サイドビュー
サイドビューを使うことで、幅寄せが簡単になります。


4.パノラマパーキングアシスト



パノラマパーキングアシスト

ハンドルに手を触れずに駐車もございます。


5.ダイハツの搭載車種



ダイハツのラインアップから、パノラマモニターつきの車両、パノラマパーキングアシストつきの車両をご紹介します。搭載車種は店舗でのご試乗も可能です。ぜひお気軽にご試乗ください。 ※当機能が搭載されていない試乗車が配備されていることがございますので、事前に店舗までお問い合わせください。



タント・タントカスタム

タントカスタム 
パノラマモニター
パノラマパーキングアシスト

タフト

タフト 
パノラマモニター
パノラマパーキングアシスト


ロッキー

ロッキー 
パノラマモニター
パノラマパーキングアシスト

ミラトコット

ミラトコット 
パノラマモニター


キャスト

キャストスタイル 
パノラマモニター

ムーヴカスタム

ムーヴカスタム 
パノラマモニター


ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス 
パノラマモニター

ウェイク

ウェイク 
パノラマモニター


ブーン

ブーン 
パノラマモニター

トール・トールカスタム

トールカスタム 
パノラマモニター