ダイハツ千葉を選んだきっかけや理由



整備職

前職では小さい工場で整備士として仕事をしていましたが、もっと整備士として技術力などのスキルを向上させたいと思い、ディーラーの整備士への転職を考えていました。前職では乗用車からトラックまで様々なメーカー、種類の整備を行っていましたが、ディーラーでもっと専門的な知識を身につけ、腕を磨きたいという思いがありました。その中でもダイハツ千葉は会社の制度や資格制度が充実しており、整備士としてキャリアアップするためのステップが明確化されています。また転職を決めるまえに社員の方と接する機会があり、そのときの印象もとてもよかったのを覚えています。面接では人財開発グループの方々や役員の方々でのお話しの中で整備士に対する期待や現在のダイハツ千葉の状況などを包み隠さずに真剣に話していただいたので入社後のギャップも無く、安心して働くことができています。数社から内定をいただきましたが、その中でもダイハツ千葉の雰囲気などが一番自分にあっていたように思ったのでダイハツ千葉にしました。

転職してみてよかったこと



前職のときより、整備する台数がとても多いためスピードになれるのが大変でした。一日の入庫量も多く、きちんと段取りを考えながら仕事を進めなければなりませんでした。現場の先輩方は技術力が高くスピードもあり、ものすごく勉強になることが多いです。時間があれば作業をしながら教えていただいたりしています。転職したばかりのころは質問など不安な部分も多く積極的にコミュニケーションがとれませんでしたが、「わからないことがあったら、すぐにきいていいから!遠慮しないで!」と言ってくださりとても安心しました。また、お客さまとの接点が以前より多いのも非常に勉強になっています。前職ではほとんど接客をしてこなかったため、最初は説明するのに苦手意識がありましたが、多くのお客様と接することで次第に慣れていき、自分からお客さまの要望などを聞き出せるようになりました。日々進化していく安全機能や、コネクトサービスといったクルマの新しい機能も前職では最新機能など知る機会が少なかったので勉強になります。

整備士職



中途採用者に向けてのメッセージ



整備士職

整備士の転職は業界によってかなり雰囲気が異なるので、選択が難しいかもしれません。私は整備士としてスキルアップ、キャリアアップを目指すならダイハツ千葉はとても働きやすい職場だと思います。業務は多岐にわたることもあるので大変なことが多いですが、そのすべてが自分の力になり、勉強になります。お店によって雰囲気はちがうかもしれませんが、社員同士での会話も多く、仕事が終わった後も私のいるお店では和気あいあいとした交流が続き現場も和んでいます。中途採用の場合は即戦力を求められるので、不安になる方も多いかもしれません。どうしても技術が足りないこともありますし、経験したことのない対応を求められることもあります。しかし、頼りになる先輩、同僚が多く何事もチームプレーで解決していくダイハツ千葉であればそうした不安も解消できると思います。これから受けようと思っている方は不安もあるかもしれませんが、ダイハツ千葉で成長したいという思いがあれば大丈夫だと思います。