ダイハツ千葉を選んだきっかけや理由



前職ではデスクワーク中心の仕事をしておりました。デスクワークの仕事自体は嫌いではありませんでしたが、仕事をしていくにつれて色々な方々と接するようになり、元々口下手で苦手意識のあったコミュニケーション力も養われていき、だんだんと人と接する仕事がしたいと思うようになりました。ちょうどその頃、仕事に対しての成果がしっかりと目に見える形で反映するダイハツ千葉の営業の仕事があると知り合いから紹介してもらい、その紹介してもらったのが業販店の営業でした。業販店の営業は、世間でいう法人のルート営業に近いものがあるかもしれません。前職でも企業間同士、取引先の方々とお話しする機会も多かったので少しだけ経験をいかせるのではないかと思い、中途採用の応募をしました。未経験での営業への転職でしたが、面接では未経験でも営業で頑張っている社員のご紹介をしていただいたことや、業販店担当の社員はベテランの方々が多いこと複数人でエリアを担当するので安心できると思い入社を致しました。

異業種からの転職だったけど、ここまでやってこれた理由



一番難しかったのは、最初に販売店様を訪問し、顔を覚えてもらう事です。右も左もわからず、商品知識も乏しく、何をするにも誰かに聞きながらの仕事の為、販売店様に良い印象を与えることはなかったと思います。最初はお客さまも不安を感じていたかもしれません。どんな仕事をするにも共通しているかもしれませんが、とにかく最初が厳しく、慣れるまでが大変でした。ですがありがたい事に自分に良くして下さる販売店様が少しずつではありますが、増えていき、注文を頂きながら、仕事を覚え当時と比較して少しではあるが自分自身で成長を感じる事が出来るようになりました。そのおかげか今ではいろいろな方々とお話しができるようになりましたし、業務以外でも人としての幅が広がったように思います。また仕事もインセンティブという形で帰ってくるので非常にやりがいも感じますし、仕事に対するモチベーションも上がります。以前はそうしたインセンティブがなかったので転職してよかったと感じます。

セールス



中途採用者に向けてのメッセージ



セールス

異業種からの転職だったので、最初はわからない事だらけでしたし、車に関しても運転はしていましたが、どの車がどのような特徴があるのか、車の仕様などについては全くの素人でした。そんな私でも専門知識は日々の業務をこなしていくうちに少しずつ身についていきますので、心配はいらないと思いますが、新しい商品や機能がどんどんでてくるので学ぶ姿勢は常にかかせないと思います。中途採用の場合は前職と会社の雰囲気が全然違ったり、職場の人達とうまくやれるかどうかなど、新しい環境になれるのが大変だとおもいますが、まず最初はルールを覚えるのが大切だと思います。これは大丈夫、これはダメとポイントを押さえておけば、大きなミスなく業務をこなせます。業販は台数目標が大きいですが、達成したときには、それに見合った達成感と奨励金があり、やりがい十分です!販売店様とダイハツ千葉販売がWINWINな関係になれるように営業活動を一緒に頑張りましょう。未経験で受けようか迷っている人は不安はあると思いますが、思い切って受けてみてください。