BACK TO TOP

スタッフの成長がなによりの喜び

小林 茂之

小林 茂之 / Shigeyuki Kobayashi

Profile
おゆみ野駅前店/店長(1995年入社)

店長の仕事で最も重要なことは、「お店の方向性を決めること」です。
スタッフ全員が同じ方向を見て、前向きに仕事に取り組める環境を作るということです。
そのために、スタッフひとりひとりに目を配り変化に気付くこと、スタッフを育てること、肝心な所では自ら先頭に立つことを心がけています。


仕事をする上で気を付けていることが二つあります。
一つ目は、「もう大丈夫とは思わないこと」です。
満足した時点で成長は止まります。
どうすればもっとお店を良くすることが出来るかを常に模索しています。
二つ目は、「長期的な視点を持つこと」です。
進捗を管理することは、目先の数字に囚われがちです。
日々の管理・月毎の管理と同時に、3年後に理想の店舗を作る為には、1年後までに、半年後までに何をする必要があるのか。大きな目標を達成するための「中目標」「小目標」を設定しています。
また、今の仕事が理想に繋がることをスタッフ全員にミーティングを通じて発信しています。


スタッフ全員が同じ方向を向いていないときは、正直しんどいです。
例えば18人スタッフがいて、15人は楽しそうに仕事をしているが、残りの3人はそうではない時。
スタッフに対してではなく自分自身に対して、なぜ上手く伝えられないのかと、もどかしい思いをします。
自分の考えに固執することなく、スタッフの目線・立場で考えるようにしています。


大変なこともありますが、それが吹き飛ぶほど嬉しいことも数多くあります。
例えば、こちらから指示を出す前にスタッフが自主的に動いてくれた時、
スタッフ同士で成功体験を共有・アドバイスをし合い、前向きに成長しようとする姿が見られる時は、店長という仕事をしていて本当に良かったとやりがいを感じます。


現在の目標は、おゆみ野駅前店をダイハツ千葉の「中心」となる店舗にすることです。
お客様から信頼され「おゆみ野店のファン」を増やすことに加えて、他店からベンチマークされ、ダイハツ千葉のスタンダードと認められるような店舗を目指しています。
その結果、おゆみ野店で働くスタッフが、「このお店で働けて良かった」とやりがいと誇りを持てるようになってほしいです。


店長に就任して4年、おゆみ野店はチームワークを重視して、お互いにフォローし合える店舗になりました。
今後は、店舗全体だけではなく、スタッフひとりひとりが個人の数字にもこだわりを持って、モチベーション高く仕事に取り組めるようマネジメントしていくことが課題です。
店長になってからは毎日が勉強の連続。自分一人のことだけではないので難しいことも多いですが、人間的に成長出来るシーンも多いです。
これからも一歩一歩、さらなる高みを目指して取り組んで参ります。

Voice 先輩社員の声

Customer Service

お客様相談窓口

ホームページにない情報や、ダイハツ車に関するご質問・ご要望はこちら メールでのお問い合わせはこちら フリーダイヤル 0120-291182
受 付 時 間

10:00 ~ 12:00、13:00 ~ 18:00

(会社休業日及びGW、夏季休業、年末年始休業を除く)
 但し、お客様相談窓口は1/3(木)も休業となります。

2019 1月

1
2
3
  • 【イベント】大初夢フェア2019
4
  • 【イベント】大初夢フェア2019
5
  • 【イベント】大初夢フェア2019
6
  • 【イベント】大初夢フェア2019
7
8
9
10
11
12
  • 【イベント】大初夢フェア2019
13
  • 【イベント】大初夢フェア2019
14
  • 【イベント】大初夢フェア2019
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
休業日 イベント開催日

営業時間 10:00~18:00

但し、12/27(金)は15:00迄の営業となります。

休業日 毎週火曜日及び6/10(月)、10/7(月)
並びにGW・夏季休業・年末年始休業