ダイハツ千葉を選んだきっかけや理由



事務職

ずっと接客業につきたいと考えており、車にも興味があったので、ディーラーで働いてみたいと思いました。一番の決め手は、会社説明会で本社に伺った際、当時高校生の私に社員の方一人一人が明るく丁寧にあいさつをしてくださいました。きっとあいさつをして下さった社員の方々は当たり前のようにあいさつをしただけだと思いますが、とても感動しました。私はダイハツ千葉以外のディーラー,二社から内定をいただいておりましたが、基本的なあいさつをどんな時もどんな相手にも丁寧にする所は初めてだったので、ダイハツ千葉に就職したいとすぐに決めました。些細な事かもしれませんが、ただあいさつをするのと、気持ちのこもった丁寧なあいさつをするのとでは、お客様の立場になっても違うと思います。基本的なことを当たり前のように出来ることはとても大事で、すごいことですし、ダイハツ千葉の魅力の一つだと思います。また、人事の方々や会社の方々のアットホームな雰囲気も決め手の一つです。これから働いていく中で会社の雰囲気は大事にしたいと思っていたので私に合っていると思いました。

就職して大変だったこと、やりがいを感じること

初めは車の知識がほとんどなかったので毎日戸惑っていました。特に、「車のここが調子が悪い、どうしよう」や「この部品は何ですか?」などの専門的な質問には答えられなかったので大変でした。車の最低限の知識は身につけておかないとと思い、カタログを見て独自に勉強したり、営業スタッフや整備士の先輩方に聞いたりして乗り越えてきました。もちろん最初は先輩方が助けて下さいました。でも、知識が付くとお客様への対応も戸惑い無く答えたりできるので、営業スタッフや整備士に引き継ぐとき、知識がない時よりもスムーズに接客できました。ほんの少しの知識でお客様から「ありがとうございます。」や「助かりました。」という言葉を頂けたとき、やりがいを感じます。

先輩からのメッセージ



事務職

私は高校を卒業後、ダイハツ千葉に入社しました。入社当時は車の事も社会の事もなにもわからず不安でしたが、接客が好きな方、得意な方にはぜひ受けて頂きたいです。お客様から車のことや専門的なことを聞かれたりして戸惑うこともたくさんあると思います。でも、初めからすべてを完璧にできる人はいません。私もたくさん失敗をしてきました。今でもわからないことはありますし、怒られることもあります。ですが、そんな私を先輩方がいつもサポートしてくれました。先輩方のサポートがあるからこそ、私は成長できています。みなさんとてもフレンドリーで優しく現場は明るいです。仕事をまじめにやることは悪いことではありませんが、やはりアットホームな雰囲気がある職場だからこそ、私は今でも仕事を続けられていると思います。今はネットで会社のことを調べられますが、一番いいのは会社の雰囲気や現場で働いている人を自分の目で実際に確かめることです。そうすればあなたもきっとダイハツ千葉の魅力に気づくことができると思います。