こんにちは!
皆さまお待ちかね「ちばふれ通信」をお届けします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ちばふれ通信って何!?」

…という皆さまも、ご安心ください!


▼ 詳しくはこちらをご覧ください ▼

ダイハツ千葉 ちばふれプロジェクト2020


▼ バックナンバーはこちら ▼

ちばふれ通信 vol.1「旬膳 はな房」@南房総市

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回は、鴨川市にあります「大山千枚田」をご紹介します!

 

大山千枚田


大山千枚田は、日本で唯一雨水のみで耕作を行っている天水田です!

約2年半前の2018年5月には、ダイハツ工業が主催となり「#3 SATOYAMA Green Experience @大山千枚田 by ALL DAIHATSU FANS」というダイハツユーザー様へ向けたイベントが開催されました!

ダイハツ千葉のスタッフも当日は、応援に駆けつけたなつかしい場所でもあります!

イベントにご参加された皆さまも、覚えておりますでしょうか?

以前のイベントは“5月 田植え”の時期でしたが…
大山千枚田は“冬”でも楽しめちゃうんです!


棚田のあかり


こちらが冬の大山千枚田!
「棚田のあかり」です!!

1万本のLEDが冬の棚田を彩ります!

な ん と !
15分毎に1万本のLEDがへ変化しちゃうんです!

からへ変わる様子はこんな感じです…!

 

棚田あかり

 

パッと変わるわけではなく、端から時間をかけて変化していくので、色が変わっていく様子をゆっくりと楽しむことができます……!

写真ではお伝えできないのが非常に残念ですが、「ゆらぎ」のLEDが使われているため、棚田の段差とマッチして光が波打っているようでとてもキレイなんです!

  

《期間》令和2年10月10日(土)~令和3年1月4日(月)
《時間》17:00ごろ~20:00ごろ
《駐車場》大山千枚田下側駐車場をご利用ください

▼ 詳細につきましては、こちらの公式HPからご確認ください ▼ 

NPO法人 大山千枚田保存会 公式サイト

 
 
今回の取材にご協力いただきましたNPO法人 大山千枚田保存会様から教えていただいた「棚田のあかりオススメ撮影スポット」をご紹介します!

 

① 展望台にある石碑周辺から、左右の棚田をパシャリッ!

大山千枚田下側駐車場から、少し坂を上った左手に展望台があり、展望台にある石碑周辺からは、左右に棚田を見渡すことができます!

左右どちらの棚田もオススメだそうですよ!

② 大山千枚田上側駐車場にある桜の木の間からパシャリッ!

大山千枚田上側駐車場にある桜の木の間から見える棚田は、LED同士の間隔が狭く、光が密なので、オススメだそうですよ!

 

 

皆さま、いかがでしたか?
「ぜひ行きたい!」
という皆さまへお気を付けいただきたいことをお伝えさせていただきます!

キレイな景色はついつい近くで見たくなってしまいますが、棚田の間にある細い道は立ち入り禁止となっておりますので、お気をつけください!

また、冬の夜となっておりますので当たり前ですが、とても寒いです…!

防寒対策をしっかり行って、体調万全の状態で「棚田のあかり」を楽しみましょう!

 

★ 大山千枚田 アクセス ★
〒296-0232
千葉県鴨川市平塚540

※ こちらは2020年12月時点での情報となります。
最新の情報につきましては、「NPO法人 大山千枚田保存会 公式サイト」からご確認くださいませ。